スチームファーストと床の上手な掃除法

 

床の掃除というのは、部屋の掃除の基本になります。
はじめに、家具や取り外しが可能なものを除去しておくと、大掃除もしやすくなります。
床は掃除機を使用してからホコリやチリを取り除いておいてから雑巾で拭き取りましょう。

 

フローリングの場合には木材の間に水分が入り込まないように注意するようにしましょう。
雑巾は固く絞ってから水分を切って拭き掃除に使用するようにしましょう。
汚れがこびりついている場合には、住宅用洗剤を使用してみると良いでしょう。

 

頑固な汚れに対してはスチームファーストを使用してみると良いかもしれません。
フローリング材の材質によってはスチームを使用することができない場合もありますので注意してください。

 

また、ワックスがけも忘れずに行うようにしてください。
床の掃除が終了したら、ワックスがけをすることで、艶が出るようになりますし、汚れが付着しにくくなりますよ。

 

一度ワックスがけをしておけば、汚れを予防することができますので、頻繁に掃除をせずにすみます。
フローリングや床の汚れというのは、その部屋の印象を大きく変えるものです。

 

そのため、1ヶ月に一度は徹底的に床掃除を行うようにしてみるようにしましょう。
そうすればきれいで気持ちの良い部屋をつくることができますよ。

 

スチームクリーナー

 

スチームファーストで網戸掃除

 

網戸掃除というのは年に1度程度行いますよね。
きれいに窓ガラスを磨いたとしても、網戸が汚れていると台無しになってしまうものです。
そのため、窓掃除をするのであれば、同時に網戸掃除も一緒に行うようにしてみましょう。

 

まずは網戸は濡れ雑巾でホコリを除去していきましょう。
窓についた汚れの大半はホコリだと言われているのですが、軽度な汚れの場合には濡れ雑巾で軽くぬぐうだけでも除去することができます。

 

雑巾を使用してきれいにした後には、丸めた新聞紙で拭くだけで雑巾の繊維を除去できますし、さらに網戸をきれいに除去することができます。
網戸というのはタバコのヤニであったり排気ガスが付着してしまっていることもよくあります。

 

そのような場合には簡単には汚れを除去することができません。
そのため、スチームファーストがおすすめなのです。

 

ブラシなどを使用すると網戸を傷つけてしまうこともありますので、スチームファーストのスチームの力で汚れを除去してみるようにしましょう。
スチームをあててから、その場で雑巾などで浮き上がった汚れを拭き取ると、驚くほどきれいに除去することができますよ。

 

スチームを使用するだけでも、頑固な汚れも簡単に浮き上がらせることができますので、試してみてくださいね。

 

スチームファーストで部屋中ピカピカに

 

和室というのは畳がありますので掃除も大変です。
まず掃除機においてゴミを吸い取るようにしなければなりません。

 

はじめに掃除機を使用してから畳の目に沿って、滑らせるようにゴミを吸い取るようにしましょう。
目を沿わせなければ畳が傷んでしまいますので注意をしておくようにしなければなりません。

 

雑巾や古い歯ブラシを活用するというのもおすすめです。
汚れがある場合には雑巾で拭き取るのですが、畳に水分がつかないように雑巾はしっかりと絞っておくようにしましょう。

 

ゴミやホコリが畳目に付着してしまっている場合には、古い歯ブラシを使用するようにしましょう。
歯ブラシをポンポンと叩くように動かすと汚れを上手に浮き立たせることができますよ。

 

壁の掃除ですが、和室の壁というのは繊維や砂が使用されていることもあります。
壁の掃除というのはハタキで行うのですが、古い壁の場合には繊維や砂が剥がれることがありますので、その場合には薄めた木工用ボンドを吹き付けると固定することができます。

 

このような和室の掃除においてもスチームファーストは部屋中ピカピカの状態にすることができます。
洗剤等を使用せずに、ダメージを与えずに汚れを除去することができますのでおすすめです。

スチームファーストとシミ汚れ

 

 

絨毯の汚れなどに付着するシミというのは、汚れがついた瞬間にすぐに取り除く、というのが基本です。
絨毯の汚れ取りには塩が非常に役立ちます。
汚れている部分に塩をまいて、しばらく掃除いをかけるときれいに除去することができます。

 

絨毯のシミというのは、一番多いのはジュースなどの飲みこぼしですよね。
コーヒーや紅茶のシミ抜きというのはとても厄介だと思われていると思いますが、シミ抜きは決して難しいものではないのです。

 

お湯を絨毯のシミの上に注いでから汚れを浮き上がらせて、タオルで汚れと水分ごと吸い取りましょう。
そして十分に乾燥させる、というようにしましょう。

 

しょうゆやソースのシミ抜きも厄介だといわれています。
吸い取り紙などを使用して、ぬるま湯に洗剤を入れて拭き取ると汚れがよく取れます。

 

赤ワインのシミ抜きについてもですが、ワインを拭きとったあとに塩を少し多めに振り分けてワインを塩に直接染み込ませましょう。
そして塩が乾いたら掃除機で吸い取るようにしましょう。

 

このような方法でもシミが除去できない場合にはスチームファーストを試してみてはどうでしょうか。